二級建築士の次は宅建も!
住宅のプロフェッショナルを目指します。

二級建築士 インテリアコーディネーター高山 千恵

仕事のやりがいは?

この仕事の面白さは、お客様の考えを具体化していけるところ。お客様は一人一人考えていること、イメージされていることが違うので、それを形にしていけるのはとても楽しいことです。また、それによって自分のアイディアや価値観が広がって行ったりするのもとても刺激的ですね。入社して2年目に、二級建築士の資格を取得。仕事と勉強のかけ持ち生活はとても大変でしたが、建築の構造上の知識はもちろんのこと法律関係のことなど、より深い知識を得て自信にもつながりましたし、お客様からもより信頼を得られるようなったと感じています。

思い出に残っている仕事は?

仕事をしていて、一番うれしいのは、やはりお客様に感謝されること。以前担当したお客様で、小さいお子様がいて、旦那様は忙しくて打ち合わせには全然参加できない、という奥様がいました。なので、ずっと奥様だけとやり取りしていたのですが、小さいなお子様がいるとバタバタしてしまって、あまり長い打ち合わせの時間を取ることはできません。さらに工事日程がタイトだったので、限られた時間内に予定していたい項目を確実に決められるように、提案材料を作りこんだり、大量のサンプルを持って行ったりして、無駄なく進めることを心がけました。さまざまな制約がある中、結果うまくまとめることができ、後日お礼の品が届くほどご夫婦にはとても喜んでいただけました。

ご自身のキャリアや今後の目標は?

二級建築士の資格の次は、宅地建物取引士の資格を取得しようと、今勉強しています。リノベティでは買取再販事業(中古住宅を買い取り、リフォームを行った上で販売する事業)も行っていて、その仕事も担当しています。お客様の顔が見えない分、徹底した市場調査とデザイン力が問われますし、万が一売れ残ってしまうことを考えるとかなりのプレッシャーですが、上司や会社がバックアップしてくれるので、やりたいと思ったことが全力でできる環境です。リフォーム事業と買取再販事業が光建舎の柱となれるよう、もっともっと努力してスキルと経験を積み重ねていきたい、と思っています。

高山 千恵

二級建築士 インテリアコーディネーター

高山 千恵

大手家具メーカーで、数多くのファーニチャープランの実例コーディネートを経験。「理想の暮らしを叶える」をテーマに、お客様にベストなリノベーションプランを提案。