若い世代の方々の相談にも、
同じ目線になって提案できることが強みです

リノベーションプランナー伊藤 美哉子

日々、どんなお仕事している?

新卒で入社して、もうすぐ3年目。最初の頃はお客様との打ち合わせがあまり得意ではありませんでしたが、先輩にイチから教えてもらったり、夢中で勉強・仕事をしているうちに自信を持って自分のプラン・図面をご提案できるようになりました。今ではリノベティで、住宅リフォームの営業窓口から現場の施工管理まで一貫して担当しています。また、母体となる光建舎では造作家具の図面を描いたり、中国家具工場との窓口としてやり取りを行ったりと幅広い業務に取り組んでいます。今後は、インテリアコーディネーターの資格を取ろうと計画中。デザインの提案力をもっと伸ばし、あなたにお願いしてよかった~とお客様に思っていただけるような存在になりたいと思っています。

仕事をする上で、大切にしていることは?

お客様の暮らしの理想に寄り添いながらも、リフォームのプロとしての目線を失わないことを大切にしています。例えばこんなことがありました。あるお客様から「リビングのフローリングを全面タイル張りにしたい」という要望があったのですが、タイルはコストが高いですしメンテナンスの面でも大変です。お客様の数年先の暮らしを考えると、積極的には勧められませんでした。でもタイル張りの床に憧れる気持ちはよくわかりますし、その思いは叶えたい! と。そこで、私はフェイクタイルを提案。フェイクタイルは本物に比べるとメンテナンスはずっと楽ですし、耐水性もありコストも安いのです。結果、お客様にとても満足していただけました。「若いのにすごくしっかりしているのね」と言われた時はとてもうれしかったですね。

リノベティの魅力は?

幅広い業界で様々な知識や経験を積んだ方たちが集まった会社なので、みんなの力をミックスしてお客様の暮らしかたに一番合ったご提案ができる、というのが強みだと思っています。私自身も光建舎で商業施設などの大型案件を経験してきたので、住宅リフォームの平面図や展開図を考える時に、それらがとても良い引き出しになっています。また、他のリフォーム会社に比べるとリノベティは若手や女性が多いのも特徴。最近では若い世代の方が中古物件を購入してリフォームすることも多いので、同じ目線で相談にのったり提案ができるのも強みだと思っています。特に住宅リフォームでは、奥様や娘さんなど女性が主導となって打ち合わせが進むことも多いので、女性目線の提案をとても大事にしています。

伊藤 美哉子

リノベーションプランナー

伊藤 美哉子

プランナー兼現場監督として、数多くの建築案件を担当。モットーは、お客様に「リフォームして良かった」と思っていただけるように、心を込めて提案すること。